×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボリンジャーバンドのメリット

ボリンジャーバンドは株式取引でも古くから人気があるテクニカル分析です。当然、FXでも主要なテクニカル分析として活用されています。
ボリンジャーバンドの人気の高さは、ずばり確度の高さでしょう。後で詳しく説明しますが、±2σ内に収まる確率が95.5%と圧倒的に信頼感があります。

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドは米国人のジョン・ボリンジャーが開発したのでボリンジャーバンドと呼ばれています。移動平均線にボラティリティ(変動率)の概念を組み入れたものです。ボリンジャーバンドは相場の変動率を統計学の標準偏差を使うことで表しています。

標準偏差(σ)は、現在の価格がその移動平均線からどの程度誤差があるかを示しているものです。 標準偏差が小さい場合は、価格変動が小さく、大きい場合には価格が大きく動く相場を意味します。

ボリンジャーバンドは中心から外側に向かって±1σ(第1標準偏差)、±2σ(第2標準偏差)、±3σ(第3標準偏差)といった具合に線を引き、現在値の位置や方向性で投資判断 ボリンジャーバンドは中心から外側に向かって±1σ(第1標準偏差)、±2σ(第2標準偏差)、±3σ(第3標準偏差)といった具合に線を引き、現在値の位置や方向性で投資判断をします。

ボリンジャーバンド

  1. 「-1σ」~「+1σ」の間に値が存在する確率は68.3%
  2. 「-2σ」~「+2σ」の間に値が存在する確率は95.5%
  3. 「-3σ」~「+3σ」の間に値が存在する確率は99.7%

といった具合に計算されて上下それぞれの線が描画されています。「-2σ」や「+2σ」ラインの外側に現在値がある場合、その発生確率は4.5%しかないことになり、いずれ±2σのバンド内に値が収まるであろうと、読むことができるのです。

ボリンジャーバンドを使った売買のサイン

ボリンジャーバンド

中心線となる移動平均線とボリンジャーバンドの±2σの線のみ描画しています。すると上のようなチャートになります。
先ほどボリンジャーバンド内の±2σのバンド内に値が収まる確率は95.5%だとお話しました。上のチャートで±2σをはみ出しているローソク足がありますが、ここがポイントです。
直後に調整が起きるケースが目立ちます。下がり過ぎた値段は再び-2σ内へ戻し、上がり過ぎた値段+2σ内へ戻る傾向があります。ですので

  1. -2σラインを割るほどに値が下がったが、そこから反発して上昇しはじめた。→「買いのサイン」
  2. +2σラインを大きく超えた、もしくはそこから反落して+2σラインから離れた→「売りのサイン」

という事が言えます。
大雑把に言うとボリンジャーバンドとは、「売られすぎ」「買われすぎ」のポイントから反転した場合に、逆のトレンドが生まれやすいので、「そろそろ下げ止まる」「そろそろ反落する」といったポイントを探したい場合に適したテクニカル指標です。

ボリンジャーバンド爆発

下落
上昇

よく見かけるパターンをご紹介します。取引が低調で値動きがほとんど無い状態で、突然「±2σ」いずれかのラインに沿って上昇または下落し始めたとき、とても大きなトレンドが出来ることがあります。

しばらく横ばい相場にある通貨や銘柄を探してみると、この様なチャートの動きに出会うかもしれません。共通例としては、ボリンジャーバンドの上下の幅が一段と狭くなったところで「爆発」するケースが多いようです。

外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

▲FXブロードネット

ボリンジャーバンドを含めたシステム面の充実度や便利さ、取引コスト、サポート面、全てにおいてお勧めできるFX会社です。

ライブスター証券株式会社

▲ライブスター証券

スプレッドが激アツの注目FX業者です。米ドル/円0.8銭!経済指標発表時のスプレッドも頑張ってます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

▲外為オンライン

5年連続取引高No.1!スプレッドやスワップ金利など業界最高峰のサービスが売りです。今、もっとも勢いのあるFX業者と言って良いでしょう。


上に挙げた3つのFX業者の中でもFXブロードネットが圧倒的に支持されています。
その理由を少しだけ、ご紹介いたします。

FXブロードネット取引画面1FXブロードネット取引画面2
Williams %R、ストキャスティックRSI、DMI、RCI
ローソク足、平均足、サイコロジカルサイン、EMA
パラボリック、RCI、ストキャスティック、ピボット
ボリンジャーバンド、トレンドライン、エンベロープ
移動平均線MACD、一目均衡表、乖離率
フィボナッチリトレースメント

ドル/円スプレッド0.3銭~

いまならキャッシュバック!

FXブロードネット口座開設

TOPに戻る


ボリンジャーバンドの計算式

ボリンジャーバンドをご自身で計算したい方もいらっしゃると思いますので、少々わかりづらいかもしれませんが、ここではボリンジャーバンドの計算式を説明させていただきます。

ボリンジャーバンド(Bollinger bands)
ボリンジャーバンドを求めるには、平均移動と標準偏差を用います。 UPBAND=SMA+σ
LOWBAND=SMA-σ
2次偏差を求める場合はSMA±σ×2
3次偏差を求める場合はSMA±σ×3となります。
また、σ(シグマ)の算出方法は σ=√(n×Price2-Price×n2)÷{n×(n-1)} となっています。

テクニカルチャートを自力で計算するのは上記のように可能なのですが、FX上級者になるまでは計算式を覚えるより、トレードテクニックを1つでも多く身に着ける方がはるかに重要だと個人的には思います。
チャートの計算はFX業者のシステムに任せてしまい、トレードに集中してチャンスを逃さないようにしましょう。

外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ

▲FXブロードネット

ボリンジャーバンドを含めたシステム面の充実度や便利さ、取引コスト、サポート面、全てにおいてお勧めできるFX会社です。

ライブスター証券株式会社

▲ライブスター証券

スプレッドが激アツの注目FX業者です。米ドル/円0.8銭!経済指標発表時のスプレッドも頑張ってます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

▲外為オンライン

5年連続取引高No.1!スプレッドやスワップ金利など業界最高峰のサービスが売りです。今、もっとも勢いのあるFX業者と言って良いでしょう。